FullSizeRender


私の講座、チベット体操やほかのワークショップでもお話しさせていただく一部なんですが、

”人間存在の本質である魂としての自己を思い出し、大いなる叡智から人間存在やこの世を見ること”

をもう一度思い出してほしいなぁ〜と、最近再び思っています。

これまで散々使いこなしてきた、二元的で対立的な信念や価値観と、そこから生まれる様々な否定的な感情。ここに捕らわれて欲しくないのです。

抱えている葛藤を浄化させるために苦労したり、あなたは苦難の道を選ぶ必要はないのです。

葛藤とは、信念や価値観により生まれる感情的な対立のことです。
思考と感情、気持ちと行動が一致しないことにより、人生のさまざまな側面や局面において、不健全さをもたらします。恐れや怒り、悲しみや自己憐憫、批判や他者の承認を求める気持ちの裏には、必ず何らかの葛藤が内在しています。葛藤をやめるには、ただ一つの方法しかありません。それはその葛藤を手放すことです。

葛藤を手放すには呼吸法もあります。瞑想もあります。
チベット体操は特にチャクラという氣を扱うため、「感情の手放し」に有効です。

体に本当に敬意をもって取り扱えば、身体の組織なのかにたまっている葛藤のエネルギーを解放することができます。

そして、あなたは最終的に自分の思考のパターンに執着しないという結論に至ります。
詳しくは、チャクラ・バランス・エキスパート講座で詳しく行いますので、
ぜひご興味あります方はご参加ください。