先日もご連絡しました。
「ダライ・ラマ 亡命への21日間」放送案内のご案内です
沢山の方に見て頂きたいと願っています。
ご興味のある友人など、お知らせいただけると嬉しいです、どうぞ、よろしくお願いします

NHK衛星第1「BS世界のドキュメンタリー」

タイトル「ダライ・ラマ 亡命への21日間」

放送日 2009年 9月12日 土曜日 午後11:10〜12:00

ナレーター 加藤 絹子

放送内容

1959年3月10日。中国の占領下にあったチベットのラサで、自由と独立を求める民衆蜂起が起きた。中国軍による制圧を前に、チベットの宗教界・政治界の最高責任者となっていたダライ・ラマ14世は、身の危険を避けるためにインドに亡命した。それから50年。アメリカのCIA局員が口を開いた。

「亡命そのものはダライ・ラマが自ら決心した、だが、われわれは事件の2年前から、中国共産勢力の侵略を挫くべく、チベット支援作戦を展開していた。作戦はSTサーカスだった・・・・・。」

東西冷戦が深まりゆく中、小国チベットは共産党に率いられた建国間もない中国、その後ろ盾でもあったソ連、そして朝鮮戦争停戦後のアジアで、共産主義勢力の南下を防ぐべく方向転換を図っていたアメリカという大国の間で、激しく揺さぶられていたのだ。

チベット人はいま中国内の自治区と亡命政府のあるインド・ダラムサラに分かれて住む。なぜこのような事態が生まれたのか。そのきっかけとなった「ラサ蜂起」とそれに続くダライ・ラマ亡命の21日間を追う中で、チベットを巡る中・ソ首脳による秘密会談の講事録やアメリカ国務省が公開したCIA局員やチベット人協力者の証言などから、明らかにする。